So-net無料ブログ作成
検索選択
日奈久温泉松の湯 ブログトップ

日奈久温泉松の湯 [日奈久温泉松の湯]

人吉温泉翠嵐楼から出立した日の様子を別途アップしておこうかと。この日は日帰り温泉に行ったので、それをタイトルにしてみました。温泉宿名じゃないのですが…。ま、そんなことはともかく。人吉から高速を利用して八代へ移動。
1.jpg
八代で訪問したかったのも、お城です。八代城です。
2.jpg
高麗橋門から城内へ。いわゆる本丸部分しか残っていないのですね、八代城は。
3.jpg
城内には神社があるくらい。あとはそれほど整備されていないので、石垣の端にまであっさりと行けるわけです。昔はどこの城もこんなもんだったのですが、公園として整備されると柵が出来たり、石垣に上がることが制限されるなどしてしまうので、なかなかこういうちょいとした恐怖感も体験できない今日この頃です。
4.jpg
5.jpg
小天守跡から大天守跡へと登頂して城内散策は終了。
6.jpg
外から大天守跡を望みます。復元図だと相当大きな天守があった模様。そんな姿を想像して、日奈久温泉街へ向かうことに。旧薩摩街道が中心部分を通る、昔ながらの風情を残す温泉街。狭い道が入り組みます。その中でもひときわ目を惹く建物が、登録有形文化財の金波楼。
7.jpg
8.jpg
温泉街の象徴的建物であるような。日帰り入浴は不可。仕方なく外観のみ。
9.jpg
玄関から中を覗くと、その独特の雰囲気に惹かれますが、泊まるわけにもいかないので、ここまで。街を散策すると、旧薩摩街道沿いに海鼠壁の建物が出現。
10.jpg
11.jpg
村津家住宅。海鼠壁の様子は西伊豆の松崎などとも異なりますね。
12.jpg
その近くには海岸線の湿地を干拓して宅地に造成したことを示す遺構が。居宅下の石積み部分がそれ。慶応3年までは、この辺が海だったことを示すものです。
13.jpg
そんな界隈には東湯という地元のみなさんが利用する共同湯があります。地元の方向けであるため、午前と夕方が営業の中心。午後は夕方まではお休みです。だからここには入れず。その代わり、
14.jpg
日奈久温泉街の中心地に日奈久温泉センターがあります。
15.jpg
入口脇には足湯。1Fは共同湯、2Fは観光向けも兼ねた露天風呂付きのばんぺい湯があります。ここにしようかなぁとも思ったのですが、ここはぐっと堪えて。
16.jpg
17.jpg
温泉センターの脇には壱号泉の源泉が湧き出ています。そして温泉センターのすぐ近くには日奈久ちくわの販売店がいっぱい。
171.jpg
いくつもあるんで悩ましい、、、、
18.jpg
ポテトサラダをちくわに入れて揚げたサラダなる商品を売っていたとらやさんで大量購入することにしました。お店の方の対応も良かったし、美味しかったので、何よりでした。で昼食は事前調査も何もないので、
19.jpg
看板に吸い寄せられるように、江戸善というお店に入り、
20.jpg
オススメの海鮮ちゃんぽんを。
21.jpg
魚介の出汁が利いている白濁スープはちゃんぽんならでは、ですね。街中でふつーにちゃんぽんが味わえるあたり、さすが九州かな。その後は腹ごなしに、
22.jpg
温泉神社へ。
23.jpg
結構階段を上がるので大変。日奈久の温泉街が見下ろせます。
24.jpg
参道が鉄道を横切るようになっているので、上からちょうど電車の撮影も。
25.jpg
境内には嶋ケ崎宇太郎という天保年間に活躍した力士のお墓もありました。その力量を江戸で発揮されては困ると考えたものがいたそうで、宇太郎は熊本から江戸への道中で毒殺されてしまったらしいです。そんな悲劇があったことはまったく知りませんでした。さらにこの温泉神社には土俵に使える場所が中段にあって、そこのまわりには江戸時代から観覧席が設置されていたそうです。
26.jpg
27.jpg
たしかに土俵や舞台の見学には適した斜面に、うまく観客席を設けたものです。檜枝岐歌舞伎が行われる場所もこんな感じでしたね。
28.jpg
とうとう本殿に辿り着くと、
29.jpg
そこから海の向こうに見えるのは、天草??
30.jpg
温泉街に戻り、今度は鏡屋という旅館の横を通ると、
31.jpg
その先に西湯。こっちも夕方まではお休みで地元の方向け用の営業時間。
32.jpg
海沿いまで行って、赤レンガの蔵を見て、
33.jpg
西南戦争で官軍が上陸した場所を示す碑を見つけてから、松の湯へ。
34.jpg
ここ松の湯も共同湯ですが、昼間はずっと営業していますし、改修されたばかりなのか、とってもキレイな建物です。
35.jpg
36.jpg
休憩場所やトイレもあります。
37.jpg
受付、というか番台(暖簾の下です)で入浴料200円を支払い、
38.jpg
いざ浴室へ。
39.jpg
40.jpg
脱衣場と浴室とは一体型になってます。
41.jpg
その先に透明なお湯を湛えた湯船が。
42.jpg
43.jpg
レトロなタイル貼りの湯船は意外と広くて、独り占めなら大満足ですよ[るんるん] 掛け流しのお湯が注がれる側の湯船がちょいと熱めで、仕切りを越えてもう片方にもお湯がいくという構造。もう片方はしたがって少しだけ温め。
44.jpg
ただただお湯が注ぎ込まれる音だけを聞きながら、ちょっと温めの湯船でまったりした時間を過ごすことができました。これで200円はホントおトクです[グッド(上向き矢印)]
45.jpg
日奈久温泉街を満喫したあとは、日奈久ICから高速に。そのまま益城熊本空港ICまで一気に。ICを降りて空港方面へひた走り…飛行機に飛び乗るわけじゃなくて、、、
46.jpg
阿蘇山を南側から遠望することに。このあと、この写真の一番手前に写り込んでいる場所に行くことになろうとは思っていなかった…
nice!(76) 
共通テーマ:旅行
日奈久温泉松の湯 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。