So-net無料ブログ作成
犬吠埼温泉犬吠埼ホテル ブログトップ

犬吠埼温泉犬吠埼ホテル(2) [犬吠埼温泉犬吠埼ホテル]

一族郎党の旅なので、別室での食事。
1.jpg
座椅子がツライ世代の方もおられたのですが、、、、やっぱり椅子がいいですね、本当は。
2.jpg
お新香以外に3品がセット。
4.jpg
生ビールで乾杯して、
3.jpg
最初はカニが載ったカニ味噌豆腐。これはなかなか美味しい[るんるん] いいアテですよん。
5.jpg
6.jpg
鶏のすき焼き鍋も、出汁の味付けが良くてなかなか美味しい[グッド(上向き矢印)]
7.jpg
8.jpg
さらに鰆と野菜の味噌バター焼きも、これまたなかなか美味しい[かわいい] これで鮑の踊り焼きでも出ないかなぁなんて…でもさすがに甘かった。
9.jpg
お造りは金目鯛、鮪、鯛。どれも身がぷりっとしてて美味しい[揺れるハート] なかなかいい刺身だと。
10.jpg
さらに銀タラの西京味噌焼きもなかなか美味しい[ぴかぴか(新しい)] おや?意外といいなぁ、夕食。伊達巻きなんかはお正月らしいですね。でも個人的に伊達巻きはキライだから、残念[たらーっ(汗)]
11.jpg
お寿司はふつーー。
12.jpg
13.jpg
煮物もふつーーかな。クワイが入っているあたりはお目出度いのかな。
14.jpg
茶碗蒸しが最後という構成はどうなんだろう。味はふつーです。
15.jpg
16.jpg
最後は炊き込みご飯とつみれ汁。
17.jpg
デザートもふつーに食べられました。お正月値段だから、この食事だとかなり高いなぁと感じざるを得ず。魚介類をたくさん用意して、銚子らしさをふんだんに出すとか何かあっても良かったかなぁと。でも通常の料金になれば、やっぱり納得なのでしょうかね。お正月値段はどこに行っても高いから仕方ないかな。
18.jpg
部屋に戻ると布団が敷いてありました。2部屋あると、布団が別室で便利です。

朝食はバイキング。これは一族郎党には好都合。
19.jpg
20.jpg
お料理の種類がそれほど豊富だとはいえないのですが、何というか必要なものはあるし、意外な目新しいものもあったので、かなり満足度高し[グッド(上向き矢印)] とくに焼き魚がイイ感じでしたよ。
21.jpg
妻はパンがいいとか言いつつ、どうしてか刺身も持ってきているし。あ、私のキライなPナップルをここぞとばかりに持ってきたな[ちっ(怒った顔)]
22.jpg
私はこんな感じで。
23.jpg
鰯の丸干しは夕食時にも欲しかったなぁ。いいアテになるのに。もちろんごはんのお供として美味しくいただきました。
24.jpg
25.jpg
刺身の切り落としは、金目鯛やら鮪やら入ってます。これをごはんに載せて、簡易海鮮丼。ネギトロもあったので、ネギトロ丼も可能でしょう。
26.jpg
〆はマンゴープリンとコーヒーで。
27.jpg
チェックアウト後はホテルが遠望できる君ヶ浜へ。
28.jpg
さらにお土産を大量購入すべくウオッセへ。
29.jpg
30.jpg
お酒はさすがに買わず。魚介類に絞って。写真には写ってないですが、嘉平屋さんのカレーボールは必須アイテムです。
31.jpg
駐車場に入るのに苦労しまくる香取神宮へ。大混雑ですから、参拝までとにかく時間がかかります。なんとかミッションをクリアして、
32.jpg
最後の昼食はさっぱりと。もりそば。一族の方は天丼とか天丼とか、、、天丼セットとか、、を頼んでましたが。いやいやここはさっぱりと…のはずが、
33.jpg
ついつい焼き鳥を頼んでいたんだ…あぁ正月は気が緩んでならぬ…
nice!(41)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

犬吠埼温泉犬吠埼ホテル(1) [犬吠埼温泉犬吠埼ホテル]

2014年1月、最初の温泉の様子をさらっと。まずは初詣に、、、、ということで伺ったのは、
1.jpg
2.jpg
猿田神社。やはり混んでますね。駐車するのも大変。でも門前で販売されていた樽酒を試飲して購入してみたり、楽しめました。あ、もちろん運転はなし。
3.jpg
今回は一族郎党の新春旅行なんで、運転は免除なのです。途中、銚子の手前では大きな風車をたくさん目にして、、、、自然エネルギー、頑張れ。
4.jpg
5.jpg
犬吠埼灯台や東洋のドーバーを遠望して、、、、地球が丸く見えたかな、一応。
6.jpg
外川湊に行って、
7.jpg
千騎ケ岩を見てみたり。

そして到着したのが犬吠埼温泉犬吠埼ホテルです。
8.jpg
玄関脇には、
9.jpg
10.jpg
お土産物売り場とフロント。
11.jpg
お正月なので、正面では時間によって琴の演奏も。写真は演奏前なので琴はまだありませんが。
12.jpg
その横では樽酒が振る舞われてました。16:00まででしたが、無料です。宿到着後に、さっそくいただきましたよ。あとはつきたてのお餅も無料で振る舞われました。それも食べました…(汗)
13.jpg
金屏風の裏には応接セット。その奥では無料でコーヒーが飲めました。ただしこれは宿泊者限定でした。お餅や樽酒は日帰り入浴の方にも振る舞われたわけです。太っ腹[グッド(上向き矢印)]
14.jpg
15.jpg
応接セットの隣の窓の外、つまり玄関の反対側には、デッキがあって足湯が。外が寒いのか、誰も利用していませんでしたが。
16.jpg
足湯から下を見下ろすとプールも。なかなか立派な施設です。

では部屋へ。
17.jpg
2Fの廊下をどんどん奥へ進んで、ウチの夫婦が泊まったのは一番奥の214。
18.jpg
扉の内側、右には洗面所とお風呂も。トイレは洗面所の手前に。
19.jpg
洗面は2カ所も。なんで?っと思ったら、
20.jpg
この部屋2間続き[グッド(上向き矢印)] かなりの人数が泊まれるのですね。
21.jpg
22.jpg
まずは右側の主室にテレビなど。
23.jpg
左側にも座卓が。2人で泊まるには広すぎです。びっくり。でも基本的にこういう構造の部屋ばかりのようです。
24.jpg
広縁は斜めになった空間。これで犬吠埼灯台方面が望めるように細工してあります。だから各部屋の窓が段々になっているような構造。
25.jpg
窓から灯台を眺めると左に虹(わかりにくくてすいません)。そして……灯台にたくさんの人が上がっているのがわかります。お正月の灯台は大人気ですね[爆弾]
26.jpg
今回の宿泊では、なぜか醤油がお土産に。

温泉は地下1F。お正月はらーめん処は休業中。
27.jpg
28.jpg
大規模ホテルですからね。過度な期待は禁物です。でもいつもそれなりに手入れがなされていた脱衣場。広いです、もちろん。そして冷水も飲めました。これはありがたい。
29.jpg
他のお客さんがいなかったタイミングはほとんどなかったので、内湯はこの1枚。朝食前の奇跡の瞬間かな。内湯はかなり広いです。写真奥に打たせ湯があって、ボタンを押すと稼働。そこから右に行くと室内をL字型にカランが並びます。12カ所くらいあったかな。仕切りもあって便利です。浴室の左端にはサウナと水風呂付き。サウナを利用する趣味はないので、よく見てませんが。
30.jpg
内湯の左側から外へ出ると広大な海を望む絶景露天風呂。
31.jpg
右側手前にアロマの湯というのがあります。そして海に近いところに黒潮の湯という温泉露天風呂。
32.jpg
そこから内湯をみるとガラス張りの様子がわかります。
33.jpg
温めの源泉が岩の上から流し込まれています。循環併用ながら、源泉はたぶんつねに補充され掛け流されているような感じです。源泉前に横たわる岩(写真の中央、湯船の真ん中にある岩)を背もたれにして、ちょうど椅子のように座れる構造になっています。まさに景色を眺めるのに最適な玉座ですよ、ここ。そこからは左手に君ヶ浜が、
34.jpg
35.jpg
右手には犬吠埼灯台が望めます。絶景かな、絶景かな[るんるん] 女湯は目隠し用の柵があるらしく、これほどの景色は望めないそうです。たしかに。君ヶ浜や灯台が間近に見えるということは、逆に言えば丸見えってことですもんね[たらーっ(汗)]
36.jpg
露天風呂には屋根付きの寝湯+ジャグジー風呂も併設。その奥に、
37.jpg
温泉の説明あり。大規模ホテル故に広くて快適なお風呂ではありますが……最大の欠点は、内湯・露天ともにかなりの塩素臭が[あせあせ(飛び散る汗)] 循環利用だから仕方がないのですが、チェックアウト後、体が塩素臭まみれになっていて、挙げ句は車内が塩素臭いという事態に。もうちょっと何とかならんのかなぁ…さすがに参った。

夜になると、玄関の風情も変わりますね。
38.jpg
39.jpg
窓から眺める灯台はライトアップされて幻想的。さーーて夕食です。
nice!(44)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行
犬吠埼温泉犬吠埼ホテル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。