So-net無料ブログ作成
検索選択

ブログ記事ではこれが最後のらーめんめぐり [らーめんを喰らふ]

まぁ写真の容量が一杯なんで、、、、らーめんネタはこんなもんかなぁとも。


とんこつラーメン 幸福軒

千葉中央駅からしばらく歩いて、きぼーるの脇というか横というか、いやいや、らぁめんさなだの通り一つ隔てた場所というか、とにかくそんな場所。ちょいと狭い道沿いにあるので、そんな場所への入口には看板も出ています。
11.jpg
カウンターのみのお店ですが、L字形なのでそれなりの人数は入れます。
1.jpg
厨房がよく見えるカウンターに陣取って、注文したのは味玉幸福ラーメン800円也。
2.jpg
王道のとんこつらーめんですから細麺。丼は浅めの造りなので、スープは必要最低限度です。大きめのチャーシューは脂があまあまで美味しい[グッド(上向き矢印)] そして味玉が、これまたとろとろの黄身とちゃんとした味付けが施された絶品のもの。さらに侮るべからず、といえるのが、キクラゲ。これだけを次回は追加しようかと悩ましくなる逸品ですよ。ホントうまうまーーーーー[るんるん]
3.jpg
4.jpg
店内に入っても、いわゆるとんこつの臭みは漂いません。あの道頓堀の金龍のようなかほりは皆無。まったく臭みがない、ただただ甘みだけがしっかり感じられる上品な、かつ優しい醤油味のスープは、濃厚な感じがありながらも、躊躇なくレンゲで飲んでしまう美味しさ[揺れるハート] ひたすら美味しいですよん[かわいい]
5.jpg
だから飲んじゃいますよ、スープは。そして丼から顕れる幸福軒の文字。お気に入りに登録されたお店です。


津田沼必勝軒

9月から、結局約2カ月間お休みが続き、ようやく再開された必勝軒。サイドメニューなどは提供されませんが、らーめんともりそばは、ちゃんと準備されていますから、問題はありません。
1.jpg
さすがに土曜日の昼時は並びますねぇ。でも回転はそれなりにいいので、待ち時間はさほど気になりません。そして店主さんの饒舌ぶりは相変わらずで。でも病気のこととか、急遽休業になったりする可能性について説明したり、、、というところもあって、まだまだ完全復調にはほど遠いようです。とはいえ、、、らーめんは美味しい[るんるん] ふつーにラーメン(2玉)750円也。
2.jpg
3.jpg
土曜日はオールマイティースープ。水曜日のような濃厚なタイプじゃなくて、鶏・豚・魚介が適度なバランスで組み合わされ、かなりさっぱり味わえる逸品です[グッド(上向き矢印)] 胡椒の味わいが結構しっかり。お子様用には胡椒を抜くなどの処理も積極的にしてくれているようです。店主さんのそんな話しかけもまた、このお店の特徴。そして、やっぱり、一日寝かせた細麺が美味しいですねぇ、相変わらず。お客さんが体調を心配して話しかけたら、「働き過ぎで疲労が溜まっていると医者からいわれるんですが、、、疲労、疲労、次は六本木」、なんて、ダジャレで返す店主さん、、、これからも頑張って営業を続けて欲しいと思います。


麺処あみや

このお店もこのブログでは3回目でしょうか。谷津干潟なんぞを散歩した後、交差点の斜め向かいのかいざんに長蛇の列があることを横目にみながら、とんこつもいいけど今日は魚介のほうがいいんだよなぁーーと向かったのが、あみや。東船橋駅からしばらく歩いたところにあります。
1.jpg
こちらはすぐに入れました。
2.jpg
室内のテーブル席をゲットして、待つことしばし。
3.jpg
そして到着したのは定番のあみやラーメン780円也。とにかくスープが熱々[爆弾] しかもそれがずっと持続するところが、いつもながらスゴイ。丁寧なつくりのらーめんです。大量のワカメも嬉しい限り。
4.jpg
5.jpg
薄いけど大きめのチャーシューも美味しいし、穂先メンマはとってもやわらか。ひじょーにうまうまのあごだしスープに、しっかりした太麺が合います。駅から遠くて不便ですが、やっぱり訪問する価値のあるお店だとしみじみ。


麺屋Hulu-lu

ハワイアンカフェのようならーめん屋さん、フルル。すっごい大人気店です。タイミングが悪いと相当の待ち時間になりますからね。
1.jpg
場所は池袋駅西口、大きな交差点を右折してしばらく歩いたあたり。駅から徒歩10分くらいでしょうか。広い通りから入ったところの角に鎮座。テーブル2つとカウンター5席で合わせて11席が限度というお店。この日の注文は、
2.jpg
日・月曜日限定メニューのちょこっと煮干しSOBA800円也。煮干しのかほりは少し。でも優しいスープにいいかほりを加えています。上に大胆に盛られるのは三つ葉。志奈そば田なかさんもそうですが、三つ葉が載ると和風のそばっぽいです。
3.jpg
三つ葉をどかすと、メンマや分厚いチャーシューなどが。チャーシューの上には、鶏のそぼろみたいなものも載っています。これは味が淡泊だからスープにぴったり。スープの底に沈んだものまで、しっかり食べちゃいました。そしてシコシコしたメンマがうまいなぁホント。
4.jpg
5.jpg
このらーめんの場合、麺は中太の平打麺。ふつーは細麺が主のお店です。食感豊かで、そばっぽさを感じさせるけど、でもさっぱりした優しいらーめんに仕上がってますネ。うまうまーーー[揺れるハート]
6.jpg
あまりに美味しいお店、1度で満足できるわけもなく。リピーター化に向けて、、、今度はカウンターの一番手前に陣取って、
0.jpg
定番中の定番、醤油SOBA780円也
1.jpg
を注文。カイワレがたっぷり盛りつけられた立体的なフォルム。スープに浸してちょっとしんなりさせてから食べるカイワレが、これまた美味[グッド(上向き矢印)] その下には
3.jpg
チャーシューとさっぱりした肉そぼろ、そしてメンマ。このあたりは煮干しSOBAと同じで、もちろんうまうま[揺れるハート] ガツンと来ない優しい醤油スープなんですが、焦がしタマネギ?の油も載っていたりして、コクはしっかり感じられます。でもさっぱり。
2.jpg
そんなスープには細くてそばっぽい麺が合いますよ。らーめんがぐんぐんすすむ感じの味わいです[るんるん] この麺は茹で時間がじつに短い。丼にスープを入れてから茹で始めるような感じ。食感もしっかりしていて、美味しい麺です。フルルのらーめんは、他にはなかなかお目にかかれないさっぱりらーめん。そばっぽさは田なかさんに通じるものあり。塩や水曜日限定の味噌もいずれ味わわないと。


満州屋が一番 船橋店

青葉と北海道らーめん泰我に挟まれていて、なかなか訪問できなかったお店。いわゆる船橋らーめん横丁にあるお店です。
1.jpg
あ、、、でもその前に菊正で飲んでいたんだった、、、飲んだ後の〆のらーめんって、禁断の食事のような、、、学生時代かっとセルフツッコミしたくなるやばいタイミング。でも喰ったなああああああ[たらーっ(汗)]
2.jpg
いわゆる久留米らーめんらしく。とにかくとんこつですから、それなりにこってり。注文したのは、とんこつしぼり。至ってふつーの定番メニュー。
4.jpg5.jpg
麺の固さはふつーを選択。茹で時間は40秒だったかな。なんというか、ちゃんとふつーに美味しいとんこつらーめんです。でも再訪するかといえば、まるはより魅力的じゃないと、しかも横には青葉という定番のお店があるし、それを凌駕して再訪かといえばそうでもなかろうし、、、と、まぁ条件が悪すぎるんじゃないかと。その結果、美味しいけど再訪は微妙という評価になっていたりするんでした。


鶏そば七星

すでに数回訪問したお店ですが、、、千葉駅前、再開発中の場所に隣接する立地。このときは前からの懸案事項だった濃厚なつけ麺を食べようと勇んで。券売機に一番近いカウンター席がなんとか1つ空いていたのでそこに。注文したのは、
2.jpg
4.jpg
濃厚つけ麺(並)780円也。七星さんの他のメニューとは異なって、なかなか太めの麺です。麺の上には削り節と海苔が。
3.jpg
スープはしっかり小鍋で熱くした濃厚な鶏白湯と魚介とのコラボ。七星さんの鶏白湯は、コラーゲンたっぷりの濃厚鶏ポタですが、それをちょっとアレンジした感じで、濃厚ながらも、しつこさはなくてうまうまでした[るんるん]
5.jpg
麺を浸して、あとは啜るのみ。うめーーーー[揺れるハート] 穂先メンマも健在で、この味付けもとっても美味しいのですが、つけ麺にのみ供されるナンコツつくねの串焼きが、これまたなかなか美味しい。
6.jpg
これも麺と同じ釜で茹でてあるので、温かいですよ。そういう細かい配慮が、このお店のこだわり、かつ美味しさを物語っていますねぇ。そういうわけでついつい通ってしまうので、その次に行ったときは、また異なるメニューを。
3.jpg
いままで一度も試していなかった淡麗鶏そば(醤油)大盛なので730也。具材はネギ・なると・水菜・鶏チャーシュー・穂先メンマ・焦がしタマネギ。焦がしタマネギを溶くと、味に深みが出ますねぇ。七星さんだと、濃厚な鶏ポタスープばかり頼んでしまうので、この日は最初から淡麗系でいくぞ、と決意して。鶏ガラの出汁と醤油の甘みをしっかり感じるスープは細麺にぴったりです。じつに食べやすい淡麗ならーめん。これもまた七星さんの魅力かな。とにかく千葉駅に近くて、なおかつハイレベルのお店なので、今後も通い詰める予定です。


栄昇らーめん

何度通っても飽きないらーめん也。
1.jpg
京成津田沼駅すぐのお店。もはや生活の一部ですからね。でもあんまり行ったことがない金曜日。
2.jpg
店頭の看板もいつものメニューの上に、ちゃんと金曜バージョンが。カウンターでじっくり見ると、
3.jpg
金曜日は昔からのルール通り、鶏白湯スープの日。だからメニューも限定されます。この日、妻は、
4.jpg
5.jpg
煮干しらーめん700円也。太麺使用。いつもの通り濃厚な煮干しのかほりに包まれた逸品です。栄昇さんだなぁと感じる味わいです。でも鶏白湯スープ利用なので、いつもの煮干しよりコクがあるような、甘いような感じ。これもこれでとってもうまうまーー[揺れるハート] 私はこのときの1週間前にこの鶏白湯の煮干しを食べていたので、このときはメニューを変えて、
6.jpg
鶏白湯らーめん・あってり700円也。
7.jpg
8.jpg
こちらは水菜が載るタイプ。こってりしすぎず、優しい鶏白湯です。まるはよりほんわか、薄塩の鶏といった感じ。ちょいととろみはあります。こちらも太麺使用。スープにあってますねぇ。栄昇さんの鶏白湯は初体験でしたが、これもやっぱり美味しかった~[るんるん] しばらく金曜日に行く機会はないのですが、鶏白湯も大いなる魅力であることはしばらく記憶から消えないことでせう。

これまた行く機会がなかなかなかった木曜日。木曜日は、、、そう麺チェンジの日。通常細麺使用のらーめんは太麺に、もちろんその逆も。そんな日に念願だった太麺の魚だし塩らーめん700円也を注文。
1.jpg
海苔たっぷりですが、いつの間にやら水菜は消えたような?
2.jpg
魚だし塩のスープは太麺にも合いますな。うまうまですよーーー[揺れるハート][揺れるハート]

もちろん木曜日や金曜日じゃなければ行く機会はあるので、煮干しが恋しくなったら訪問です。
1.jpg
2.jpg
いつもの定番煮干しらーめん650円也。太麺が煮干しのスープに絡んでうまうまです[揺れるハート] もう煮干し系らーめんは栄昇さんがあればいいやって思うくらいのお気に入り。らーめん記事の最後にも載っけられて良かった[るんるん]


味噌らーめん まる久

本千葉駅からちょっと歩いて千葉県警方面へ。広い通りに面してあるのがこのお店。
1.jpg
店内はカウンター5席のみという小規模ならーめん店です。カウンター真ん中に陣取って、
2.jpg
注文したのはお店一番のオススメであるこく旨味噌らーめん800円也。ランチだとごはんが無料でついてきますが、今回は遠慮いたしました。モヤシなどを鍋で炒める音が響き、そこにスープ。それらが茹で上がった自家製麺の入った丼に注がれて、
3.jpg
目の前に登場[るんるん] カウンターにあったゴマと山椒が振り掛けられています。最初にふわっとかほる山椒がいい塩梅で、スープを啜ると、、、、濃厚でかつ奥行きのあるピリ辛味噌味がじんわり染みます。店主の優しげな親父さんの雰囲気もらーめんから感じられるような、そんな印象。冬には絶好のらーめんかも[揺れるハート]
4.jpg
しっかり太くて食感がもちもちの自家製麺が、この味噌味に合う合うっ[かわいい] うまーーーーい[揺れるハート]
背脂がちょこちょこ浮く、それなりのこってり味なのに、なぜかスープまですすんでしまう逸品でした。こりゃうまいぞーーー[揺れるハート]


最後は、まるグル2014in千葉 ラーメンサバイバー@海浜幕張に参戦したときの模様。11月のことです。
page.jpg
12の店舗が出ていたのですが、ウチは2人で一番手前の2軒を試してみました。一番手前のブースが、館山本格中国料理芳喜楼が手がける海女カレー麺800円也。震災復興資金も含めた代金なので、らーめんとしてはちょっとお高めですが。伊勢海老ベースのカレースープにしっかりした太麺が合いますなぁ。
その隣のブースは、蘇我のArioのフードコートに出店している千葉らぁ麺。蘇我のお店に行く機会は皆無なので、ここぞとばかりに列に並びました。たぶん味付けはあっさりのほうだと思います。カレー麺と同じく800円也、というかチケットが800円ですからね。佐貫町にある宮醤油店の醤油などを使った地産地消にこだわった醤油ベースのスープ、その他も地産地消にこだわった美味しいらーめんです。麺は細めですがしっかりした食感。
らーめんを食べたのに、同じ敷地で、ちゃっかりとそのあと2人で昼ビール。アテには甲州鶏モツ煮を。目の前で作る出来立ての味わいに、酔いしれました[かわいい] 酔った勢いで、幕張のアウトレットモールに。余計な買い物をしてしまったような、そうでないような、、、、[たらーっ(汗)]

nice!(56)  コメント(6) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 56

コメント 6

コメントの受付は締め切りました
ぐす

え?ラーメン記事、最後ですかぁ???!!!

ラーメンサバイバー、全く知りませんでした。
修業不足ですね(^^ゞ

また書いてくださいね(笑)
by ぐす (2014-12-13 09:32) 

ナツパパ

それぞれとても個性的なラーメンばかりです。
これは一軒ずつ尋ねてみたい!!
...これが最後なの?残念だ。
by ナツパパ (2014-12-13 16:23) 

ヒロ

もはや千葉恐るべし、ですね。
私は栄昇らーめんさんには是非行ってみたいな~♪
次の東京出張の時に、ちょっと足を延ばしてでも行くべきですね、これは。う~ん、行きたい!
by ヒロ (2014-12-13 20:06) 

遠霞(とおがすみ)

>ぐすさん
う~~ん、なんとも、写真の容量がいっぱいですからねぇ、、、この後のことは、まぁなるようにしかならんなぁと。
ラーメンサバイバー、じつは最初は妻が気づいていたんですよ。私はそれに従ってお出かけしたという感じでした。私も修行不足です(笑)
by 遠霞(とおがすみ) (2014-12-13 21:57) 

遠霞(とおがすみ)

>ナツパパさん
らーめん屋さんはどこもみんな違いますよねぇ。鶏白湯でもここに載せた七星さんと船橋のまるは極さんとはまったく違いますしね。そういう個性を楽しむのも、らーめんめぐりの醍醐味です♪
by 遠霞(とおがすみ) (2014-12-13 21:59) 

遠霞(とおがすみ)

>ヒロさん
改めて確認すると、池袋の1軒を除いて、あとはみんな千葉県でしたね。ちょっとびっくり。まぁ千葉在住ですから。栄昇さんは、煮干らーめん好きのヒロさんでしたら絶対にお気に召すと思いますので、それを確かめるべく、是非行ってみてくださいね。その様子がいつかブログでアップされることを、と祈念いたします。あ。私は今日のお昼にも栄昇さんに行きましたよ。今日は細麺のあごだしらーめん700円也を食べてきました。やっぱり美味しいんですよねぇ、栄昇さん。今年も年末の特別らーめんやるのかなぁ、、、そうしたら可能な限り参戦しようと思います。でもその様子はアップ不可です(笑)
by 遠霞(とおがすみ) (2014-12-13 22:03) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。