So-net無料ブログ作成

濁河温泉朝日荘(2) [濁河温泉朝日荘]

浴室は1F奥、さらに少し下がった場所。
1.jpg
正面に男女別の暖簾あり。右の空間は貸切風呂の前の休憩処的空間。大浴場の男女交代はなし。男湯の露天の先端が部屋から少しだけ見えてしまうので、交代がないのは当然かも知れません。まずは男湯の脱衣処から。
2.jpg
3.jpg
至ってシンプルなもんです。
4.jpg
浴室に入ると、まずは右側に内湯。ものすごい掛け流し量ですよん[るんるん] 濁り湯であることを実感できますねぇ。湯口に堆積する析出物が見事なオブジェと化しています。
5.jpg
6.jpg
浴槽の向かいにはカランが4カ所。湯船まで近いので、シャワーの利用は注意が必要です。
7.jpg
8.jpg
そして内湯の外には連続して露天風呂。ここの先端に行くと部屋から見えてしまいますが、まぁ仕方ないでしょうか。真ん中に聳える石を囲うようにL字形で深い浴槽部分。その石から手前左側が、
9.jpg
ちょうど寝湯になっていて、木枕も設置されています。
10.jpg
加水・加温なしの100%の源泉がじゃぶじゃぶと注ぎ込まれます。男女別の大浴場は毎分250リットルの湧出量を誇る自家源泉。飲めますが、ちょっと鉄っぽい味。飲めないほどマズイわけじゃないですが、決して美味しいもんじゃないです。
11.jpg
夜、この露天に入ったら、とある親子と一緒に。そこでの親子の会話で親子共々温泉好きらしいことが判明。やっぱり源泉掛け流しのいいお湯を求めているようで、少なくとも親(それなりの老齢)は神奈川県から来ているような。しばらくBGMとして会話を耳にしていると、子曰く、毎分250ミリリットルの掛け流しだ、と親に強調。私:単位が違ってるじゃん、、、単なる言い間違いだろうけど、そんな少なかったらこんなお湯出ねぇよーーと内心苦笑。しかし子曰く、毎分250ミリリットルだよ、小さな缶コーヒー1つ分だよっ!!、それだけの量だからこんな掛け流しが出来るんだよーーと再度説明。私:げっ[がく~(落胆した顔)]言い間違いじゃなかったんだ、、、、と、ただただ内心唖然。よっぽど注意しようかと思っちゃいましたよ。
12.jpg
晴れると青空がとっても気持ちよく見える露天風呂でした[かわいい]


次は女湯。撮影by妻。
13.jpg
脱衣処はやっぱりシンプル。
14.jpg
15.jpg
そして内湯の造りは多少の違いに目をつぶれば、基本的に左右対称。湯口の結晶はやっぱりそれなりの大きさに育っていますね。窓の外に位置する露天風呂も、
16.jpg
17.jpg
男湯と左右対称の構造。右手前に寝湯の部分があって、深い部分は同様にL字形。男女ともに露天風呂はそんなに大きくないんですが、3~4人なら入れますよ、十分。


そしてこの宿の最大のウリかも知れない貸切風呂へ。チェックイン時に時間を予約。1組40分也。ウチは17:30~18:10がとれたので、夕食前に利用できました。各部屋で1度ずつ利用すると、その後、夜半からは空いていれば一晩中自由に利用できます。ただし朝は9:30まで。
18.jpg
時間になったら浴室へ。入口手前にはマッサージ機もあります。
19.jpg
脱衣処は狭いですが貸切ですから問題なし。窓の外にすでに露天風呂が見えていますねぇ。でもここからは出入りできません。
20.jpg
まずは手前の内湯へ。洗い場も1カ所あります。
21.jpg
この内湯も十分な広さ。露天風呂よりは温めに設定されているようです。
22.jpg
源泉の注入量をそれなりに抑えているんでしょうね。とはいえ勢いよく注がれる源泉。貸切風呂には濁河温泉の共同湯が利用されています。どちらも似たようなお湯でした。味も、、、
23.jpg
そんな内湯を尻目に、
24.jpg
贅沢すぎる広さの露天風呂へ[soon]
25.jpg
26.jpg
2カ所から源泉がじゃんじゃん注がれます。この奥行きの広さが写真だとイマイチ伝わりにくいのが残念です。とにかく大きいですよーーーーー[揺れるハート]
27.jpg
28.jpg
40分なんて短すぎますって、、、と思ってしまうほど。お湯は温くはないので、ずっとお湯に浸かっているわけにはいきませんが、湯船をゆったり歩いたり、あっちこっちで休んだりしながら、心ゆくまで貸切時間を満喫しました。翌朝にも1度利用できたので、大満足です。
29.jpg
そんな翌朝は青空を眺めながらの優雅な入浴。一方、夜は、下のような感じ。
30.jpg
31.jpg
それぞれ風情があっていいですねぇ。貸切の濁り湯をこれでもかっというくらい堪能できるお風呂でした[揺れるハート]

タグ:岐阜県 温泉
nice!(57)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

nice! 57

コメント 6

コメントの受付は締め切りました
えつたろう

お風呂いいですねー。
親子の会話笑えますね。
私もお風呂で他の人の話を聞き入ってしまうことが(笑)
こんなに勢いよく注がれているお湯。
気持ちよさそうです。
お風呂も趣があって、10個たまったので、
秘湯の宿はちょっとお休みと思いましたが、
行きたくなりましたー。
by えつたろう (2014-11-30 16:48) 

まる

 こんばんは。

 にごり湯の温泉、いいですね。
温度が高すぎないと、ゆっくり浸かれるので、
体の芯から温まりそうですね。

 
by まる (2014-12-01 00:02) 

遠霞(とおがすみ)

>えつたろうさん
親子の会話、聞こえてしまったのでおとなしく聞いていました(笑)
こちらのお宿は温泉もお料理も、お宿の雰囲気もとっても良かったです。溢れ出る濁り湯は、さすが濁河温泉だなぁと思いました。坂道に沿ってつながる温泉街のお宿はどこも豊富なお湯で満たされているんだろうなぁと。千葉からだと遠いのだけが玉に瑕でしょうか。
ウチは秘湯スタンプ、あと1つです。それが埋まれば満山荘かなぁと思ってます。
by 遠霞(とおがすみ) (2014-12-01 11:42) 

遠霞(とおがすみ)

>まるさん
こんにちは。濁り湯は温泉らしさを感じていいもんですよね。
掛け流しの温泉が堪能できたので、とっても良かったです。
by 遠霞(とおがすみ) (2014-12-01 11:44) 

鴨ミール

ジャブジャブと注がれる源泉に圧倒されますね。
見ただけで嬉しくなってくる湯量です。
濁り湯の上に、湯口の堆積物。とっても温まりそうです。
大浴場も十分魅力的ですが、貸し切りの露天が物凄くいいですねえ。
写真を拝見しただけでも、すごく広いのが分かります。
湯温が高いのが残念ですけど、気持ち良さそうな露天です。
40分は短いですね。とっても贅沢な貸し切りです。
ずっと入って居たい感じですね。
あと、奥様も写真がお上手ですね。
by 鴨ミール (2014-12-01 21:16) 

遠霞(とおがすみ)

>鴨ミールさん
ここはホント湯量豊富な温泉ですよーー♪ 自家源泉と共同湯と両方を利用して、じゃぶじゃぶと掛け流されていました。温泉って濁り湯じゃなきゃいけないわけではないんですが、濁り湯だと、なんだか貴重な温泉に来たなぁと勝手に思い込んでしまうんで、うれしいもんです。湯温は熱めながらも適温だと思います。だから熱すぎて入れないような感じではまったくないので、ご安心ください。
貸切露天は、どうしてもこれが貸切なのっ??と不思議になるくらいの広さでした。写真だとどうしても奥行きが感じられないので、広さがどの程度伝わったか不安ですが、、、、とにかく広かったです♪
妻の写真もてきとーな筈なんですが、お褒めにあずかり恐縮です。
by 遠霞(とおがすみ) (2014-12-02 16:43) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。