So-net無料ブログ作成
検索選択

開田高原 西野温泉やまかの湯(2) [開田高原 西野温泉やまかの湯]

夕食は到着時に18:30でお願いしました。電話で連絡があって、食事処へ。
1.jpg
2.jpg
上がり框の先に掘り炬燵形式の座卓が設えてあります。そこにはすでに準備が。食前酒は梅酒。写真だと右側にお皿の端だけが見えますが、開田高原産、というか、お隣の農家さんで採れたトウモロコシが用意されています。基本的に開田高原で採れた物が多い、地産地消を貫徹したような食事です。お品書きはないんですが、ていねいに説明してくれます。
3.jpg
右側は素揚げしたインゲン。かなり大きなインゲンですが、ここまで大きくても固くならないのが地元産の特徴だそうです。甘くて美味しいですよ。真ん中のミョウガも近くでとれたもの。今年はあまり大きいものがとれなくて、とのことでしたが、柔らかくて、酢加減もちょうどで美味しかった。
4.jpg
そして岩魚の卵の醤油漬け。こだわり業者の養殖岩魚から採ったものらしいです。こりゃアテに最高ですな。ちびちび飲みながらいただきました。
5.jpg
塩漬け保存したものを塩抜きしたワラビにおかかをかけたもの。味が濃いですねぇ。山菜の時期じゃなくてもていねいな保存方法で美味しさが保たれています。
6.jpg
お椀に入っていたのは、木曽地方では冠婚葬祭に欠かせない大平(おおびら)というお料理。いろんな野菜やこんにゃくなどが出汁で炊かれた逸品。こづゆみたいな感じ。素朴な煮物ですが、丁寧な作りで、ひじょーに美味しい[るんるん]
7.jpg
白菜も開田高原の名産品。甘くて瑞々しい白菜を浅漬けにしてあります。
8.jpg
着席時に火が付けられるのは、信州牛の朴葉味噌焼き。
9.jpg
沸々してきたら適宜混ぜて火を通します。甘めの白味噌は味が濃いのですが、それにも負けない信州牛の甘さが際立ちますね。そして、ラップがかけてあった、まだまだ温かいトウモロコシ。
10.jpg
お隣の農家での朝採れ。甘ーーーーい[るんるん] この時期の開田高原はトウモロコシ出荷の最盛期。道の駅にも、開田高原産と明記したトウモロコシがたくさんありました。品種はグラビスという黄色の粒に白い粒が適宜混じったもの。開田高原ではこの品種が一番多く栽培されているそうです。夜のうちに頼めば、翌朝、採り立てのトウモロコシを持って帰れるというので、速攻で注文です[るんるん]
11.jpg
このときはHPから、日本酒がつくプランで申し込んだので、瓶ビールの後は、日本酒を2合。種類も選べてオトクでした。このあともちろん日本酒は有料で追加しましたけどね。そこへ熱々の蒸し物が到着。
12.jpg
13.jpg
蕎麦の実の蒸し物でした。上には山葵が載り、餡がかけてあります。いろんな具材が入っているので混ぜてからどうぞ、とのこと。ネットリした蕎麦の実とキノコなどの具材との相性が絶妙の味わいでした。
14.jpg
その後にこれまた熱々、焼きたての岩魚の塩焼き。岩魚は養殖ではありますが、かなりこだわって養殖している業者から仕入れたものだそうです。しかも多くの岩魚はニッコウ岩魚なのですが、これは小ぶりながら希少なヤマト岩魚。焼き加減もばっちりで、身はふわほろ状態。とっても美味しい岩魚でした[グッド(上向き矢印)]
15.jpg
さらにしっかり冷えた馬刺し。すり下ろしニンニクで。美味しいに決まっているじゃないですか[かわいい] 抜群のアテですよん。しばらくすると、地元で採れ始めたので、、、と、何と初物の松茸[ぴかぴか(新しい)] 個人的に松茸料理では一番の大好物である土瓶蒸し[揺れるハート]
16.jpg
17.jpg
この日が松茸を提供した最初の日になったようです。地物しか使用しないとのことで、例年、9月上旬からスタートとのこと。出始めの時期がいつになるか、豊作になるかどうか、こればっかりはわからないそうです。ウチはとにかく初物の松茸を味わえて、とってもラッキーでした。
18.jpg
さらに小皿で、地元産の珍しいキノコ。名前は、ホウキタケ。ホイル蒸しになっています。前菜に間に合えば良かったのですが、入手できたのが夕方だったので、とのこと。そんな地元のキノコをわざわざ出してくれる姿勢が、ホントありがたいです。食感がしっかりしたキノコでした。お酒がすすみますねーーー[揺れるハート] 最後に手打ち蕎麦が出てくるのは昔と同じ。なので最後にごはんと蕎麦をどうするか聞かれます。妻は前回泊まったときにお腹一杯で蕎麦を食べ損ねて悔しがっていたので、とにかく蕎麦を、と。私も蕎麦は最優先で食べたかったので、じゃぁごはんはほんの少しだけ、と。
19.jpg
で。ごはんは白米か炊き込みご飯かを選択できたので、ここはやっぱり炊き込みご飯を。この日はコシアブラのまぜご飯でした。コシアブラがキレイな緑色。かほりもしっかり。美味しいーーー[るんるん] 山菜の季節じゃないのに、、、と思ったら、冷凍にした地物のコシアブラとのこと。こういう季節物は採れるときにはイヤというほど採れるそうで、そのときにしっかり下処理をして、冷凍保存するそうです。だから発色もかほりも抜群なコシアブラが夏に食べられるわけです。若女将さん曰く、でもあまりにコシアブラが多いので、下処理を終わると、しばらくコシアブラを見たくなくなるとのことでした。そうした苦労と手間があってこそのこのご飯、ありがたく頂戴しました。そして、
20.jpg
待ちに待った、打ち立ての蕎麦。さすが蕎麦の名産地、開田高原。最後の〆は手打ち蕎麦に限ります。もちろん美味しいですよーー[揺れるハート]
21.jpg
ちゃんとデザートも。若女将さんお手製のほうじ茶プリン。上品な甘さでほうじ茶のかほりもしっかり。とっても満足な夕食でした。やっぱりこのお宿の料理は美味しい[るんるん]

タグ:温泉 長野県
nice!(45)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

nice! 45

コメント 8

コメントの受付は締め切りました
まき

☆泊まってみたいお宿です♪
ワラビのお料理~朴葉焼き~岩魚~そりゃ白ごはんよりも!・・・の 炊きこみご飯 ♡
どれもこれも美味しそうで 拝見しているだけでお腹いっぱいになっちゃいました (照)
ご馳走様です(^_-)-☆
by まき (2014-11-17 21:07) 

ヒロ

どれもこれも美味しそうですね~♪
特にラストのそばは、以前開田高原マイアスキー場に行った時に食べたものを思い出しました。とても香りが立っていた記憶があります。
う~~ん、スキーとセットで行けたらいいです、この宿。
by ヒロ (2014-11-17 21:47) 

遠霞(とおがすみ)

>まきさん
こちらのお料理はどれもこれも美味しかったです~♪
最後のごはんもやっぱり白飯よりもまぜご飯、でした。コシアブラの風味がよく出ていて、お腹が許せばもっと食べたかったくらいです。
by 遠霞(とおがすみ) (2014-11-18 11:07) 

遠霞(とおがすみ)

>ヒロさん
どれもこれも美味しそうでしょう? というより美味しかったのですが。
開田高原といえば蕎麦、というくらい地元では蕎麦栽培が盛んです。こちらのお宿も昔から最後の〆は蕎麦でした。今回もうまうまの蕎麦を堪能出来て良かったです♪
by 遠霞(とおがすみ) (2014-11-18 11:08) 

鴨ミール

う~ん、よくもまあ、素敵なお宿を次から次に見つけてくるものですね~。
小綺麗な部屋、温泉、野菜が沢山出てくる美味しそうな夕食。
馬刺しと松茸の土瓶蒸しも美味しそうですが、
やっぱり最後の蕎麦がとっても美味しそうですね!
でも、写真を拝見していると、夕食の量が多そうですね・・・。
by 鴨ミール (2014-11-18 21:48) 

えつたろう

〆にお蕎麦良いですねー。
長野は素敵なお宿が沢山ありますね。
私も最近長野に行ってきました。
お部屋もきれいだし、快適に過ごせそうですね。
by えつたろう (2014-11-18 22:06) 

遠霞(とおがすみ)

>鴨ミールさん
こちらのお宿をみつけたのはかなり昔の話です。開田高原に行こう、義父母も一緒なのでトイレ付の部屋はないか、と探したらここだけだったので、決めたお宿です。今回は再訪でしたので、あっさりと決めて行きました。地元の野菜を中心にしたお料理はとってもうまうまでした♪ 松茸の土瓶蒸しは想定外のサプライズでした。もちろん美味しかったです。全体的にそんなにお料理が多いわけではないのですが、最後の蕎麦を美味しく食べるには、それなりの節制が必要かもしれません(^^;
by 遠霞(とおがすみ) (2014-11-19 11:43) 

遠霞(とおがすみ)

>えつたろうさん
〆のお蕎麦はもちろん手打ちですから、美味しいですよ。開田高原は蕎麦の名産地でもあるので、こだわりが感じられますよ。
長野に行かれたのですか。どこでしょうかねぇーー。記事が更新されるのを楽しみにしてます。
by 遠霞(とおがすみ) (2014-11-19 11:45) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。