So-net無料ブログ作成
検索選択

どうしても春のすみれ料理が食べたくて(2) [湯の沢温泉時の宿すみれ]

朝から、持ち込んだレモンじゃなかったイチゴ牛乳を飲んでみて。
45.jpg
46.jpg
風呂に行きませう。
47.jpg
48.jpg
朝日が差し込む内湯と露天は、お湯がキラキラ[ぴかぴか(新しい)]
49.jpg
桜はもうおしまいですねぇ。
50.jpg
で。朝食。これはいつも通り。
51.jpg
とろろもあるし、
52.jpg
秘伝豆のやっこは味が濃いし、
53.jpg
サラダにもお肉が載るし、
54.jpg
定番料理とはいえ、十二分。
55.jpg
56.jpg
57.jpg
58.jpg
牛汁を飲んで、朝から汗だくになったりして[あせあせ(飛び散る汗)]
59.jpg
たっぷり食べて、またお風呂。ホントゆっくりできました[るんるん]


そのあとはまたも福島県へ。
60.jpg
無料となった磐梯吾妻スカイラインをひた走り、
61.jpg
福島市街を見下ろして、
62.jpg
吾妻小富士をちょいと見学。
63.jpg
64.jpg
うう。山頂付近は風が強かった。
65.jpg
浄土平を越えるとちょびっと雪壁。
66.jpg
磐梯山とか安達太良山とかキレイに見えました[かわいい]あとは温泉だな…この辺ならいっぱいあるから…
67.jpg
ということでやって来たのは、秘湯の提灯宿でもある赤湯温泉好山荘。宿のちょいと手前からは未舗装の砂利道なので、さすがに速度は出せませぬ。
68.jpg
入湯料500円を支払って、まずは赤い方のお湯へ。
69.jpg
70.jpg
脱衣場はとっても簡素。最低限度しか用意されていないですが、とりあえず問題なし。
71.jpg
浴室には誰もおらず。独り占めできました[るんるん]
72.jpg
73.jpg
温めのにごり湯で、シンプルな浴槽です。それほど広くはないので、1人というのはラッキー。
74.jpg
惜しげもなく大量のドバドバ掛け流し。でも温めだから、長湯ができそうな感じです。とはいえ脱衣場の張り紙にあったように、逆上せるので長湯には注意が必要なようです。まぁ適度に利用してあがることにしておきます。
75.jpg
カランなどはなし。水が蛇口から流れるばかりなり。
76.jpg
そして内湯の外には露天風呂が併設。
77.jpg
陽光を浴びて、オレンジ色に輝きます[ぴかぴか(新しい)]
78.jpg
79.jpg
こっちも温め。鉄分の濃さを十分に感じることができるお湯です。堪能、堪能[るんるん]帰ろうと思ったら、女将さんらしき方が、外の露天にもぜひ入ってください、とのことでしたので、建物を出てからそっちへ。
80.jpg
建物の向かい側へ。
81.jpg
男女別の露天風呂がありまして、
82.jpg
何というか、脱衣場というか、遊園地の乗り物というか…。雨が降ったらここで着替えるしかないですもんね。と、その横に、
83.jpg
おぉ~っ[爆弾]じつに開放的な露天風呂が。
84.jpg
こっちは硫黄泉ですね。ちょっと青白く濁ってます。
85.jpg
86.jpg
これまた贅沢な掛け流し。でもこっちのお湯はちと熱い。
87.jpg
降り注ぐ太陽光に照らされ、お湯も熱くて、さすがに短時間で退散することになりました。でも500円で両方のお湯を堪能できるなんて、ありがたや、ありがたや。
88.jpg
あとは土湯トンネルを抜けて帰るだけ。春のすみれ料理を堪能する旅はこれにて終了。すみれは本当は連泊したいっ[時計]

しばらく忙しくて、お返事できかねますので、コメント欄は閉じておきます。
nice!(41) 

nice! 41

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。